スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Self-Portrait in Hokkaido
 今回の釣行に同行の友人が、画像を送ってくれました。 結果は残念でしたが・・・なんて言うと怒られそうです。なぜならこんな時間が流れていたのですから。

















この感動は何物にも代えがたい、人生の大きな宝物です。



| muraichi | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
北の国から・4日目 (’10.7.17)
 



虎穴に入らずんば・・・って虎穴ではなく熊穴です(汗)。 完全な熊の生息地。糞や足跡がそこかしこに有り、一人での入渓は絶対に避けてください。 僕らも早朝の入渓は避け、鈴に大声、爆竹を鳴らしながらの釣り上がり。 でも人跡未踏の渓はそれは素晴らしい光景でした。











清き流れに魚は住まないのか・・・やっと見つけたプールに定位するビッグレインボーは、ドライフライは完全スルー。 沈めたフライに反応はするものの、口を使うまでには至りません。

本日も好天。喉は渇き、多い水量に遡行は困難。熊に怯え、体力的にも精神的にも疲れ果て、脱渓を考えていると、頭上に林道の橋があり、2人の餌師がいるではないか。地元の釣り師で、今日は流石に日も悪く、僕らも帰るからと、車にご一緒させて頂きました。 麓に下りてからも、自宅に招いて頂き、ビールに食事までご馳走になる始末^^; 

実質3日間の北海道の釣りは、厳しいものだったけど、帰宅してからメラメラとリベンジの思いが・・・
特にあの暴力的なレインボーの引きはしっかりと手に残っており、来年以降もいわしてやらなアカンなと思ってます。 日本のワイルドネイチャー、北海道はこれでは終わりませんよ^^



とかち帯広空港近くの夕景。
| muraichi | 22:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
北の国から・3日目 (’10.7.16)
 湖の釣りもこうも水温が高いと・・・と判断し、濁りの少なそうな河川を選択します。

で、近くてビッグレインボーを出来そうなのは阿寒川と判断し、早朝より移動。 素晴らしい原生林の国道をひた走り、目的地に着く。





日光湯川を倍のスケールにしたような流れ。やはりここも水量が殊のほか多く、そこそこのサイズは釣れてくれるが、ビッグレインボーは反応しない・・・






2度、ビッグレインボーを掛けるも、その暴力的な引きに、2度ともリーダー、ティペットを切られるという失策!(泣)。 いくら2Xのリーダーを使っても、フライラインとの接続部が甘ければ駄目ですね。

上流部に行くほどフライマンが増え、悔しい思いを抱えながら阿寒川を後に。 ここからは十勝方面へ移動。 雄大な光景が癒してくれます(笑)





明日はいよいよ最終日。何とか十勝のレインボーが微笑んでくれれば良いのだが・・・



| muraichi | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
北の国から・2日目 (’10.7.15)


早朝の屈斜路湖。時折湖面に現れるライズは、稚魚放流されたチビニジマス。
有名ポイントはあえて外して、湖北のポイントに移動。



流れ込みに大量のライズが!慌てて喜び勇み、フライを投じると・・・出るわ出るわ、ウグイが^^;
尺は超えるサイズが、セミフライをがっぽり丸呑みにします。 初めてフライロッドを握る友人は、面白がってましたが・・・

 

10時を過ぎると気温がぐんぐん上がり、あまりの暑さに涼を求め、峠を越えてオホーツク海に流れ込む河川に入ります。4番ロッドでドライフライの、本州と変わらない釣りスタイルです。



20汰宛紊離縫献泪垢出るわ出るわ・・・(笑)。好天続きなのに水量が豊富で、遡行に疲れます。
いかにも北海道らしい河川をそれなりに(?!)堪能して、夕刻に大物と奇跡を期待して、屈斜路湖に戻ります。





夕闇せまる湖畔で黙々とロッドを振り続けます。ロケーションは最高なんですが・・・相変わらずの
ウグイの猛攻と、強風に悩まされます。19時近くまでロッドを振るも音沙汰なく、後ろ髪をひかれる思いで屈斜路湖を後にします。

2週間前は同じポイントで、モンカゲにライズするアメマスとニジマスで湖面が真っ黒だったそうです(泣)。 初めての本格的な湖でのフライフィッシングは完敗でした。 まあ雄大な大自然の中でフライフィッシングが出来ただけでも良しとしましょうか^^;
| muraichi | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
北の国から・1日目 (’10.7.14)





関空〜千歳で、約10年ぶりの北海道入り。 残念ながら河川はどこも濁りが入り、湖しか釣りにならない、と聞いて、一路道東方面へ。これは国道から僅かに入ったところにあるオンネトーです。
雨より晴れが良いに決まってますが、こんなに晴れては・・・明日からの釣りが気にかかります。



北海道はキャンプですよね! 屈斜路湖畔のキャンプ場ですが、環境、施設、風景・・・どれをとっても3つ星です!眼前に広がる屈斜路湖と、10年ぶりの北海道、友人との再会に乾杯! 9時半には爆睡状態でした^^;

| muraichi | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/4  << >>

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links